株式会社と合同会社を比較

景気が少しずつ回復に向かっているのか、株式会社を設立する人は多くなりました。
また手軽さから、合同会社を設立する人も増えています。
では株式会社と合同会社は何がどう違うのか、それぞれの会社を比較してみました。

最も分かりやすい違いは、規模の大きさです。
どの会社形態でも事業を進めるには、資金が必要になります。
では会社運営のための資金は、どこから集めるのでしょうか。
合同会社の場合は出資者から資金を募るのに対し、株式会社は投資家から資金を集めます。
投資家から資金を集めることができるので、大きな事業にも手を出すことが可能となります。
また合同会社では出資者本人が会社経営者に対し、株式会社は出資者と経営者は別になります。
合同会社の場合は会社に出資した人物を「社員」とし、そのまま会社経営という形になります。
一方株式会社は、出資者と経営者は別になっています。
ただし出資者が持っている権限は大きく、出資者の意見1つで経営者が変わることもあります。

会社のシステムそのものも、合同会社と株式会社で大きく変わります。
株式会社の場合は、株主総会・取締役会・監査役の設置などの制限が設けられています。
何か1つ決めるにしても色々とプロセスを踏まなければならないので、面倒な部分はあります。
しかし重要なことを決める際、色んな人の意見を聞くことになるので確実です。
合同会社の場合は株主総会や取締役会がないので、自由度は高くなっています。
自由度の高さから、敢えて合同会社として運営している大企業は多く見られます。

合同会社と株式会社の違いには他にも、利益配分があります。
会社に利益が上がった場合、株式会社は出資額の多さで利益分配が決まります。
一方合同会社は出資額関係なく、利益を分配することが可能です。
ただし利益分配については、何かとトラブルがつきものです。
トラブルを起こさないように事前に対策を立てる必要があることに関しては、株式会社も合同会社も共通しています。