株式会社のメリットは有限責任

株式会社のメリットの1つに、有限責任があります。
しかし「有限責任」という言葉は普段使わないので、どういう意味か分からないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで株式会社のメリットである、有限責任について取り上げます。

有限責任について説明する前に、まずは無限責任について取り上げます。
会社が倒産した時、経営者は会社の債権者に対して負債総額を支払わなければいけません。
しかし額が大きくなればなるほど、支払いは困難になります。
でも例え支払いが困難になったとしても、個人の財産も全て弁済しなければならないのです。
これが「無限責任」です。
無限責任になっている会社は、合名会社と合資会社の2つです。
また個人事業も、無限責任になっています。

無限責任とは逆に、出資額限度まで責任を負うことを「有限責任」と言います。
例えば1000万円出資したのならば、1000万円分の責任は負わなければいけませんが、1000万円以上の責任は追う必要がないということです。
有限責任を取っているのは株式会社の他に、合同会社も含まれます。
ちなみに株式会社の場合、株主に対しては直接ではなく、出資した会社に出資額分の責任を負うことになります。
これを「間接責任」と言います。

では株式会社の社長も、有限責任になるのでしょうか。
答えは「NO」です。
例えば金融機関から融資を受けていた場合、社長個人に保証を求められる場合があります。
もし会社が倒産しお金が払えなくなった場合、社長が会社の借金を背負うことになるのです。
株式会社は一応有限責任ではありますが、見方を変えれば無限責任とも取れます。
念入りに練り込まれた事業であっても、裏にはリスクはつきまとうものです。

株式会社は有限責任になっており、必要以上の責任を負う必要はありません。
でも株式会社を立ち上げた以上、想像以上の責任が重くのしかかります。
有限責任だからと呑気に構えていると、後で痛すぎるしっぺ返しを食らうのがオチです。