会社設立は簡素化で簡単

会社設立

会社設立は簡素化するのが簡単でおすすめだと言えます。
そもそも会社設立を簡素化するということは、可能なのでしょうか。
近年は日本の経済も低迷しているということもあって、国ではより起業しやすい状況を作っています。
そこで行われているのが、会社設立の簡素化です。
この狙いとしては、より起業しやすい状況にすることによって、経済活動を活性化させることが狙いだと言えるでしょう。
会社設立をしたいと思っていても、煩雑な手続きや申請が必要となると思うと、やはりハードルだけが高くなってしまって、そこで諦めてしまうこともあるでしょう。
そうなれば、もしかすると大きな経済を生む企業が絶たれてしまう可能性もあるのです。
だからこそ、国ではより会社設立をしやすい状況を作っているのです。
そうすることで、近年はより中小企業が元気になり、より経済も活発化されてきました。
もちろん、景気が良いのは大企業ばかりという意見もあるのですが、簡素化によって起業自体はとてもやりやすくなっていると言えるでしょう。

では、具体的にどのような点が簡素化されているのかを見ていきましょう。
まず、会社設立で必要となる手続きや申請が、近年は簡素化されてきています。
煩雑な資料を集めて、すべて手書きで書いて提出すると言われれば、誰でも嫌になります。
しかし、近年はインターネットを活用した方法も増えていて、申請や手続きがとても楽になってきているのです。
もちろん、どうしても必要となる書類に関しては、税務署や法務局、公証役場などに提出することが必要となってきます。
しかし、その他あまり重要ではない手続きや申請に関しては、より簡素化できると考えているのです。
だからこそ、国でもより手間や面倒がかからない方法を模索しています。
すべてがすべて簡単になるのかと言えばそうとは言えませんが、確実に昔よりも起業しやすい時代になってきています。
これから会社設立を考えている方は、必要な手続きを簡素化して、よりスムーズに開業できるようにしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、これらの手続きには司法書士や行政書士、税理士が必要となります。
そういう専門家に依頼すれば、より簡素化もしやすいと言えるでしょう。
費用はかかりますが、面倒や手間を考えるなら専門家に丸投げしてしまった方が良いかもしれません。
その方がミスもありませんので、後々修正が必要となるということもありませんよ。

会社設立後手続きとは

会社設立01

会社設立するための手続きも大事ですが、会社設立後手続きも非常に大事です。
これらはもう一連の手続きとして会社設立したら速やかに対応するといいでしょう。
会社設立後手続きとは会社が完成した直後に行う手続きのことです。
会社が完成した段階とは法務局での登記が終わったあとの段階になります。

このときにはもうその申請した会社は完成しているものとして扱われます。
そして会社ができたら終わりではなく、このときにはできるだけ速やかに関連する手続きを進めていかないといけません。

その手続きとなっているのがまず税務署での手続きです。
会社が完成したら税務署に届出が必要です。
必ず必要になるのは新しく法人を作ったことの届出となりますが、このほかにも給与支払いのある事務所等を作ったことに関する届出もほぼ必須となります。

このほか、事業を行っている会社法人では青色申告を利用できます。
節税になるのはこの青色申告ですから、設立初年度から利用を希望する法人も少なくありません。
そのためには申請が必要なのですが、それも会社設立が終わった直後に申請を行います。
これも会社設立後手続きの1つとなりがちです。

このほかにもその会社の税務に関して事前に届出が必要な対応を希望するなら、会社設立直後のこのときに届出を行います。
主要な会社設立後手続きとなっていますから要チェックです。

次に社会保険関係の手続きも必要です。
会社設立すると多くの企業が加入している専用の健康保険や年金に切り替わります。
これは希望する法人だけではなく、条件に当てはまれば強制となります。
そのためこれも会社設立後手続きの1つとなることが多いですね。

手続き先はどこになるかというと管轄の年金事務所です。
こちらで社会保険関係の手続きができますから、設立が終わったら忘れずにやっておくといいでしょう。

次に都道府県や市町村に対しての届出も必要です。
どんな届出かというと新しく法人を作ったという届出になります。
これと同じような届出を税務署にも行うのですが、都道府県・市町村に対しても同じような届出が必要です。
税務署に提出したものだけでは不十分ですから、こちらも忘れずに提出してください。

このほか、会社設立直後にすぐ従業員を雇うなら労働保険の手続きも必要です。
これは労働基準監督署とハローワークで手続きをします。
このように会社設立後手続きはたくさんあります。
任意のものもありますが必須のものもたくさんあり、しかも期限がある場合も多いですから、会社設立したらすぐにこれら手続きに入るといいでしょう。

会社設立に伴いスムーズに法人口座開設するためには

会社設立

会社設立するのなら必ず口座名義が会社名になっている法人口座開設が必要というものではないため、会社代表の個人名義の口座で取引を実施していても何ら問題はありません。
ただ、法人と個人の権利・義務などの関係をきちんと区分けすることで、取引先などに対する信頼性を高めるのが法人制度のひとつの目的という点を意識することも大事です。
また取引口座を分けておかないと会社の財産と個人資産が混ざって、取引先や税務署にいらぬ心配や詮索をされる可能性もあります。
それから融資の申込みや大口取引をする場合に、法人口座開設をしないで個人事業主のままでは門前払いを受けたり、不利な契約条件を強いられたりする可能性も考えられるのです。
ですから、会社設立をしたのなら早期に会社名義の法人口座開設をした方が確かと言えます。

普通の銀行口座開設なら現金さえあれば誰でも作れるのですが、法人の銀行口座開設は個人の口座開設と比較して審査が厳しくて、そのた法人口座開設がなかなかできないということもあるのです。
また法人の銀行口座開設するにあたっては、法人であることを証明するための書類準備が必要になります。
これは、法人名義の口座を利用して振り込め詐欺をするケースが考えられるからで、金融機関としても法人の銀行口座開設に関して厳しいチェックをするのです。
ちなみに、一般的な法人の銀行口座開設に必要となる書類としては、登記事項証明書・定款・代表取締役の印鑑証明書・会社実印・銀行印などがあります。
またこの他にも、身分証明書や銀行で記入する書類などが必要になるので、事前に口座開設を考えている金融機関のホームページで確認すると良いです。

それから金融機関が法人口座開設でチェックするポイントとしては、資本金の金額がどれぐらいかというのがあります。
現在では株式会社の資本金の下限がないので1円でも会社設立することは可能ですが、金融機関の多くは資本金が会社の体力などを示すものと考えて気にするのです。
その為、口座開設時に最低資本金を定めているケースもあるので、確認してから資本金を決めるのも大切と言えます。
また登記上の住所で実際に事業が行われているのかもチェックされるポイントで、事業の実態を確認するケースが増えているのです。
ですから、登記上の住所にオフィスがない場合や固定電話がない場合では、法人口座開設ができる確率が低くなってしまいます。
それから事業内容や事業計画が明確なのかも確認される点で、事業目的が多く一貫性がないなど事業が不明確な場合や、事業計画が定まっていないと法人口座開設を断られてしまう可能性もあるのです。

株式会社の赤字繰越について

株式会社を経営するにあたり、避けて通りたいのが赤字の存在です。
黒字にすべく日夜汗水たらしていることと思いますが、赤字が出る時はどうしても出てしまいます。
でも株式会社であれば、例え赤字が出たとしても9年は繰り越すことができます。
ただし青色申告者であることが、絶対条件です。
“株式会社の赤字繰越について” の続きを読む

給与所得控除がもたらす大きなメリット

株式会社を設立するにあたり、節税も大きなメリットとなっています。
税金は必要であると頭では分かっているつもりであっても、払いたくないと思うのが正直な所でしょう。
でも株式会社であれば、税金の支払いをゼロにするのは流石にできませんが、税金の支払額を抑えることならば可能です。
ポイントは給与所得控除です。
“給与所得控除がもたらす大きなメリット” の続きを読む